CONCERT

ガレージシャンソンショー 13~treize~リリースツアー第二弾 春の演奏会『めばえ』

ガレージシャンソンショーが新作アルバム3rd ALBUM『13~treize(トレーズ)~』を引っ提げてやってくる、待望の福岡公演決定!!

 

 

2017年3月19日(日)
開場 18:00 / 開演 19:00

▼会場
警固BAR ROSA ROSA
福岡県福岡市中央区警固2-18-14 アバンダント91ビル 1F
▼チケット
前売 3,000円 / 当日3,500円(要1ドリンクオーダー)
チケットぴあ:Pコード:

▼問合せ
Herbay
TEL : 092-406-8466
Mail : info@herbay.co.jp
BAR ROSA ROSA
TEL : 092-733-6363

シャンソンの持っているブルジョアジー的要素を排除し,その毒性・変態性の部分を強く押しだし
例えダメ人間であろうとも,その思いの丈を包み隠さず赤裸々に
舞台上でさらけ出す有様。

 

ガレージシャンソンショー

生粋のバンドマンと 歌手という2つの顔を持っ ている山田晃士。その歌手の部分で何の束縛も制約もない”剥き出しの歌”に立ち返る事が出来る場所が佐藤芳明とのユニット【ガレージシャンソンショー】な のである。
伝統としてのアコーディオン音楽に、敬意を払いながらもその保守的な姿勢に疑問を 抱く佐藤芳明。革新的で過激なアコーディオン奏者としての自分を追求でき る場所が山田晃士とのユニット【ガレージシャンソンショー】なのである。
図らずも二人は、96年当時、山田はアルバム『モノローグシアター』録音の為、佐 藤はDaniell Mille氏に師事する為、パリに在住していたという経歴を持つ。
【ガレージシャンソンショー】という名の由来は、そんな二人の欧州文化に憧れつつ もそれを悟られぬ様に皮肉ってしまう、といったややひねくれた天の邪鬼的 性質の表れである。実のところは、本物のシャンソニエの方々にお叱りを受けやしないかビクビクしている毎日。いや、お叱りを受けたいのかもしれない。

■オフィシャルHP: http://koshiyamada.com/ 

 

 

URL
TBURL
Return Top