CONCERT

【熊本・福岡】MOCKY JAPAN TOUR 2019

【熊本・福岡】MOCKY JAPAN TOUR 2019

【熊本・福岡】MOCKY JAPAN TOUR 2019

チリー・ゴンザレス、ファイスト、ピーチズの盟友であり、ジェイミー・リデル、ジェーン・バーキンらのプロデュースも手がけるカナダ出身の稀有なミュージシャン「MOCKY」が、3年ぶりのジャパンツアーが開催。

溢れんばかりの音楽愛からくる終わりなき探究心と遊びゴゴロ、良心に貫かれた揺るがぬメッセージ。振り切れたその音楽センスと心優しきハートを武器に、世界を世代をそして時空までもあっさりと行き来してしまう様はまるで魔法使い。世界中のミュージックラバーが愛してやまない真のヒーロー・MOCKYがやってくる。

★ 特典付きの先行発売は1/17(木) 18時スタート!
【熊本公演】
WINDBELL × 旅する音楽 × Herbay presents
MOCKY JAPAN TOUR 2019 熊本公演
2019.3.30(土) 早川倉庫
開場19:00 開演20:00
前売4,500円 当日5,000円 (1ドリンク別途)
出演:MOCKY / 坂口恭平&菅沼雄太
[オンライン先行発売] 1/17(木) 18:00 〜 1/23(水) 23:59 *特典あり
[一般発売] 2/2(土) 10時
info) 旅する音楽 0977-84-3838
 —————————
【福岡公演】
旅する音楽 × Herbay presents
MOCKY JAPAN TOUR 2019 福岡公演
2019.3.31(日) ROOMS
開場17:30 開演18:30
前売4,500円 当日5,000円 (1ドリンク別途)
[オンライン先行発売] 1/17(木) 18:00 〜 1/23(水) 23:59 *特典あり
[一般発売] 2/2(土) 10時
info) 旅する音楽 0977-84-3838
企画・制作:WINDBELL

 —————————

—————————

【TOUR MEMBER】

MOCKY

TAYLOR SAVVY

VICKY NGUYEN

YUTA SUGANUMA

ATSUKO HATANO

注目の海外メンバーは、TAYLOR SAVVYとVICKY NGUYENという強烈な2名がモッキーとともにステージに上がります。

■ TAYLOR SAVVY:

今や伝説的といってよい「CANADIAN CREW」(オリジナルメンバーはMOCKY, TAYLOR, CHILLY GONZALES, FEIST, PEACHES の五人!)のメンバーの1人。
上記オリジナルメンバーの諸作に加え、ジェイミー・リデル、イギー・ポップ!のアルバムにも参加しているミュージシャン。モッキーのSaskamodieツアー・メンバー。
■ VICKY NGUYEN
昨年、フジロックにも出演したアンダーソン・パークの諸作、ツアーなどにも参加している鍵盤奏者。

 

国内からサポートするのは、不動のメンバー2名。一人は、坂本慎太郎やハナレグミはじめ、多くの実力派アーティストから熱烈なオファーの絶えないドラマー・菅沼雄太、もう一人は、Jim O’rourke、Yossy Little Noise Weaver、石橋英子、Oorutaichi、倉地久美夫らと活動を共にする弦楽奏者・波多野敦子。

 

【PROFILE】
MOCKY(モッキー)

モッキー (本名: ドミニク・ジャンカルロ・サロレ)はカナダ出身の音楽家。コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー、ベースとドラムを主軸に様々な楽器を弾くマルチプレイヤー、ラッパー…と様々な側面を持つアーティスト。

親しみやすくも深遠、両義性溢れるその表現は、ミュージシャン、DJといったフリークスを唸らせるに留まらず、その耳触りの良さにたちまち魅了されるビギナーも少なくない。ノスタルジックなようでいてフューチャリスティック、時間を貫くタイムレス感。時代を彩った歴史上の様々な大衆音楽を内包しているかのような楽曲に滲む歴史観、多様な音楽を横断、折衷、飛躍する作風の妙味は極めて新鮮かつ現代的。音楽の秘密の鍵を手にした数少ない音楽家の一人といってよいだろう。

チリー・ゴンザレス、ファイスト、ピーチズとは渡欧前からの盟友。彼らの協調関係から生まれた多くの作品はここ日本でも広く知られるところ。ジェイミー・リデル、ジェーン・バーキン、アブダル・マリック、メリッサ・ラヴォーなどヨーロッパを活動の拠点にしていた頃に携わった作品も数多い。2009年に発表されたアルバム「Saskamodie」はここ日本でも多様な音楽ファンに広く愛され、ゴンザレスの「ソロ・ピアノ」と並ぶロングセラーとなった。
以前の活動拠点ロサンゼルスでは、ミゲル・アトウッド・ファーガソン、ケレラ、モーゼス・サムニー、ペガサス・ウォーニング、ニア・アンドリューズ、ジョーイ・ドォシクなど現在のLAの音楽シーンの活況を伝えるアーティストたちとの協調し、今後様々なかたちで現在の音楽シーンを大いに潤してきた。
URL
TBURL
Return Top